社会福祉科

学科紹介|社会福祉科

教育の特徴

本学科の目標資格は介護福祉士と社会福祉士の2つ。介護技術に加えソーシャルワークに必要な専門知識と技術を学ぶ学習を行っており、地域に貢献する即戦力を育成するカリキュラムとなっています。


卒業後実務経験を経て受験する「社会福祉士」試験対策を卒業後も引き続き実施!合格までフォローします! 講師に福祉の第一線で活躍するプロを招き、学校では学べない「福祉現場の今」を知る授業を実施!


社会福祉士とは

社会生活をおくる上で困難や悩みのある人、またその家族からの相談に応じ、専門知識を活かして問題解決のための助言や指導、福祉や医療機関・行政機関など関係先と連絡調整を行うなど、一人ひとりに必要な支援を幅広く行います。

 

活躍の場 ・介護老人保健施設
・障がい者施設
・特別養護老人ホーム
・病院
・児童施設
・デイサービスセンター
・地域包括支援センター
・社会福祉協議会 など

取得目標資格

  • 介護福祉士(厚生労働省) ※卒業と同時に受験資格を取得
  • 社会福祉士(厚生労働省) ※卒業後実務経験1年以上で受験資格を取得
  • 社会福祉主事任用資格(厚生労働省)
  • 福祉住環境コーディネーター2・3級

授業紹介

相談援助演習(2年次)

ケースワークや模擬面接をとおして、アプローチ法を理解し、ニーズに合ったソーシャルワークの能力を養います。


生活支援技術Ⅱ-2(2年次)

介護の基本的技術について、その原理を理解、習得します。また介護に適したさまざまな福祉機器について、その使用方法を理解し、安全かつ適切に使用できるようにします。


相談援助実習指導(3年次)

実習を通して相談援助に関する知識、技術について具体的に理解するとともに、実践的な技術について学びます。また社会福祉士に求められる資質、技能、倫理を習得します。


年次別カリキュラム

1年次

人間と社会 人間の理解Ⅰ 人間の理解Ⅱ 社会の理解Ⅰ 社会の理解Ⅱ
福祉住環境 リハビリテーション論

介護 介護の基本Ⅰ 介護の基本Ⅱ コミュニケーション技術Ⅰ
生活支援技術Ⅰ-1 生活支援技術Ⅰ-2
生活支援技術Ⅱ-1 生活支援技術Ⅲ-1
生活支援技術Ⅲ-2 介護過程Ⅰ 介護総合演習Ⅰ 介護実習Ⅰ

こころとからだの
しくみ
発達と老化の理解Ⅰ 認知症の理解Ⅰ 障害の理解Ⅰ
こころとからだのしくみⅠ こころとからだのしくみⅡ

専門科目 相談援助の基盤と専門職 相談援助演習Ⅰ

特設科目 文章作成技法


2年次

人間と社会 社会の理解Ⅲ 情報処理

介護 介護の基本Ⅲ コミュニケーション技術Ⅱ
生活支援技術Ⅱ-2 介護過程Ⅱ 介護総合演習Ⅱ 介護実習Ⅱ

こころとからだの
しくみ
発達と老化の理解Ⅱ 認知症の理解Ⅱ 障害の理解Ⅱ
こころとからだのしくみⅢ

専門科目 人体の構造と機能及び疾病 社会理論と社会システム
現代社会と福祉 相談援助の理論と方法Ⅰ
高齢者に対する支援と介護保険制度
障害者に対する支援と障害者自立支援制度
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度Ⅰ
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度Ⅱ
低所得者に対する支援と生活保護制度 保健医療サービス
就労支援サービス 相談援助演習Ⅱ 相談援助実習Ⅰ

特設科目 社会福祉総論


3年次

医療的ケア 医療的ケア

専門科目 心理学理論と心理的支援 社会調査の基礎
相談援助の理論と方法Ⅱ 地域福祉の理論と方法
福祉行財政と福祉計画 福祉サービスの組織と経営
社会保障 権利擁護と成年後見制度 更生保護制度
福祉事務所運営論 経済学 相談援助演習Ⅲ
相談援助実習指導 相談援助実習Ⅱ

特設科目 介護福祉総論

学科紹介

  • 介護福祉士科
  • 作業療法士科
  • 資料請求
  • 入試制度・学費

TOP