言語聴覚士科

学科紹介|言語聴覚士科

教育の特徴

言語聴覚士は小児から高齢者まで幅広く対応するため、相手を思いやる「心」を育てる教育を重視しています。また早期から言語聴覚士の活躍する現場に触れることで、職業意識を高める取り組みも実施しています。


本学科は先輩後輩同士が交流する機会を多く設けており、入学直後から安心して学習に臨むことができます! 言語聴覚士の活躍する病院等を1年次から見学!学校ではできない経験で視野が広がり目的意識もアップします!


言語聴覚士とは

話すことや聞くこと、嚥下に困難のある人に対して訓練や指導を行い、その人らしい生活がおくれるよう支援を行います。対象となるのは、言語障がい、音声障がい、ことばの発達の遅れなど、多様なケースがあります。
 

活躍の場 ・病院
・介護老人保健施設
・ことばの教室
・障がい児施設
・訪問リハビリテーション など

取得目標資格

  • 言語聴覚士(厚生労働省)  ※卒業と同時に受験資格取得

授業紹介

失語症演習Ⅰ(1年次)

失語症の評価について学ぶとともに、臨床現場で多く使用される標準失語症検査(SLTA)の検査(聴く、話す、読む、書く、計算)の概要と手順を身につけます。


摂食嚥下障害演習(2年次)

摂食・嚥下(飲み込み)のメカニズムを学び、摂食・嚥下障害の評価、練習を実施しながらその方法・技術を身につけます。


言語発達遅滞(2年次)

言語発達について理解したうえで言語発達障害の種類と障がいの性質・程度を評価するさまざまな検査法、診断について学びます。また、指導・練習・支援の基本方針を習得します。


年次別カリキュラム

1年次

基礎分野 文学 心理学 社会学 医療倫理 統計学
情報処理Ⅰ 英語Ⅰ 英会話Ⅰ 保健体育Ⅰ

専門基礎分野 解剖学 生理学 病理学 精神医学 耳鼻咽喉科学
口腔外科学 呼吸・発声・発語系の構造・機能・病態
聴覚系の構造・機能・病態 神経系の構造・機能・病態
生涯発達心理学Ⅰ 生涯発達心理学Ⅱ 特別支援児心理学
言語学Ⅰ 音声学Ⅰ 音声学Ⅱ 言語発達学
リハビリテーション概論

専門分野 言語聴覚障害概論 言語聴覚障害概論演習 失語症Ⅰ
失語症演習Ⅰ 高次脳機能障害Ⅰ 知的障害Ⅰ
知的障害Ⅱ 広汎性発達障害 器質性構音障害
機能性構音障害 吃音 聴覚障害Ⅰ 聴力検査

選択必修分野 コミュニケーション支援技術演習Ⅰ


2年次

基礎分野 情報処理Ⅱ 英語Ⅱ 英会話Ⅱ 保健体育Ⅱ

専門基礎分野 内科学 小児科学 リハビリテーション医学 臨床神経学
臨床心理学 心理測定法 言語学Ⅱ

専門分野 言語聴覚障害診断学 言語聴覚障害診断学演習 失語症Ⅱ
失語症演習Ⅱ 高次脳機能障害Ⅱ 脳性麻痺 言語発達遅滞
学習障害 音声障害 運動性構音障害 運動性構音障害演習
摂食嚥下障害 摂食嚥下障害演習 聴覚障害Ⅱ 聴覚検査法
臨床実習Ⅰ

選択必修分野 コミュニケーション支援技術演習Ⅱ 総合検査法Ⅰ 実習指導Ⅰ


3年次

専門基礎分野 医学総論 形成外科学 学習心理学 認知心理学 音響学
聴覚心理学 社会保障制度 関係法規

専門分野 発生発語・嚥下障害 聴覚障害Ⅲ 補聴器・人工内耳
視覚聴覚二重障害 臨床実習Ⅱ

選択必修分野 言語聴覚障害特論Ⅰ 言語聴覚障害特論Ⅱ
言語聴覚障害特論Ⅲ 言語聴覚障害特論Ⅳ 課題研究
総合検査法Ⅱ 実習指導Ⅱ

学科紹介

  • 作業療法士科
  • 理学療法士科
  • 介護福祉士科
  • 歯科衛生士科
  • 臨床検査技師科
  • 臨床工学技士科
  • 言語聴覚士科
  • 資料請求
  • 入試制度・学費

TOP