理学療法士科

学科紹介|理学療法士科

より教育の密度を高め理学療法士科を3年制に変更

教育目標

豊富な実習とニーズに即した学習で
3年間で即戦力となる知識と技術を身につけます。



教育の特徴

1年次から国家試験を視野にきめ細かな授業を展開専門知識の定着化を図る豊富な臨床実習


理学療法士とは

高齢、病気やけがなどで身体に障がいのある人に対し、身体機能の回復・維持・悪化予防を目的としたリハビリテーションを行います。体操や歩行訓練などで筋力増強を図る『運動療法』と、熱や電気・光線等を治療に利用する『物理療法』などを用いて日常生活の自立を支援します。

活躍の場・病院、クリニック
・介護老人保健施設
・訪問リハビリテーション事業所
・行政機関 など

取得目標資格

  • 理学療法士(厚生労働省) ※卒業と同時に受験資格取得

授業紹介

理学療法概論演習(1年次)

視聴覚障がいや歩行障がい、車椅子の体験学習を通して理学療法についての理解を深めるとともに、職業としての理学療法士像を具体的にイメージしていきます。


運動器障害理学療法評価法(2年次)

靭帯損傷や脊髄損傷、関節リウマチなどによる、運動器障がいを理解し、各種検査や測定、評価などができる知識を身につけます。


年次別カリキュラム

1年次

基礎分野基礎生物学 基礎物理学 基礎数学 社会学 文章表現法 情報処理
英語 体育 地域活動 ソーシャルスキルⅠ

専門基礎分野解剖学Ⅰ 解剖学Ⅱ 生理学Ⅰ 生理学Ⅱ 身体運動機能学
運動学 人間発達 内部障害学Ⅰ 神経障害学Ⅰ 運動器障害学Ⅰ
臨床心理学 リハビリテ-ション論 生命倫理

専門分野理学療法概論 理学療法概論演習 基礎理学療法学
理学療法基礎評価演習Ⅰ 運動療法総論 物理療法Ⅰ
地域リハビリテーションⅠ 臨床実習Ⅰ(見学)


2年次

基礎分野ソーシャルスキルⅡ

専門基礎分野身体運動機能学実習 運動学演習
病理学概論 内部障害学Ⅱ 神経障害学Ⅱ 発達障害学
運動器障害学Ⅱ 精神障害学 人間工学

専門分野研究方法論 理学療法基礎評価演習Ⅱ 運動器障害理学療法評価法
神経障害理学療法評価法 発達障害理学療法評価法
内部障害理学療法評価法 理学療法総合評価実習
運動器障害理学療法Ⅰ 神経障害理学療法Ⅰ 物理療法Ⅱ
義肢・装具関連理学療法 発達障害理学療法Ⅰ 発達障害理学療法Ⅱ
日常生活活動学 日常生活活動学演習 内部障害理学療法Ⅰ
地域リハビリテーションⅡ 生活環境学 臨床実習Ⅱ(評価)


3年次

専門基礎分野医療関係法規

専門分野理学療法障害学特論Ⅰ 理学療法障害学特論Ⅱ  理学療法管理学
運動器障害理学療法Ⅱ 神経障害理学療法Ⅱ 内部障害理学療法Ⅱ
理学療法特論Ⅰ 理学療法特論Ⅱ 理学療法特論Ⅲ
地域リハビリテーションⅢ 地域理学療法 臨床実習Ⅲ(総合)
臨床実習Ⅳ(総合)

学科紹介

  • 作業療法士科
  • 理学療法士科
  • 介護福祉士科
  • 歯科衛生士科
  • 臨床検査技師科
  • 臨床工学技士科
  • 言語聴覚士科
  • 資料請求
  • 入試制度・学費

TOP