臨床工学技士科

学科紹介|臨床工学技士科

教育の特徴

経験豊富な専任教員による丁寧な指導を実施しています。現役の臨床工学技士による授業も取り入れ、高度化する医療に貢献できる技術と対応力、そして生命を守る温かな「心」を育成します。


国試対策となる第1・2種ME技術実力検定試験に1年次から挑戦!難関の1種に科目合格・総合合格者を毎年輩出中! 高度な認定資格を持つ専任教員が現場の実状に合わせた教育を実施し、学生1人ひとりを卒業までサポート!


臨床工学技士とは

医師の指示の下、生命維持管理装置など医療機器の操作や管理、保守点検を行います。人工呼吸器や人工透析装置、人工心肺装置といった機器を扱う業務や、心臓カテーテル検査や内視鏡検査時の医師の補助業務の他、検査や手術で使用する各種医療機器の点検・メンテナンス業務を行うなど幅広く活躍します。
 

活躍の場 ・病院
・クリニック
・医療センター
・医療機器メーカー など

取得目標資格

  • 臨床工学技士(厚生労働省) ※卒業と同時に受験資格取得
  • 第1・2種ME技術実力検定(日本生体医工学会)
  • 医療機器情報コミュニケータ MDIC(日本医療機器学会)
  • 医療情報技師(日本医療情報学会)
  • 危険物取扱者(都道府県知事)

授業紹介

基礎医学実習(1年次)

解剖学・生理学で習ったことを実習で再確認して理解を深めます。また、心電図、脳波計、筋電計、超音波診断装置などの医療機器の取り扱い方法、データについて理解します。


医用治療機器学実習(2年次)

人工透析装置や輸液ポンプなどに実際に触れ、操作や保守の基本を学ぶとともに、国家試験問題の理解を深めます。


生体機能代行装置学実習(3年次)

臨床実習に臨むにあたり、透析の基本的なプライミング(使用前準備)実習、人工心肺実習を行います。また、病院の施設見学も実施して理解を深めます。


年次別カリキュラム

1年次

基礎分野 心理学 法学 生物学 医用数学Ⅰ 医用数学Ⅱ 
医用物理学Ⅰ 医用物理学Ⅱ 医用化学 化学実習 英語 体育

専門基礎分野 公衆衛生学 解剖学 生理学Ⅰ 生理学Ⅱ 生理学Ⅲ
基礎医学実習 医学概論 看護学概論 臨床生化学Ⅰ
臨床検査学概論 電気工学Ⅰ 電気工学Ⅱ 電気工学Ⅲ
医用工学実習Ⅰ 医用工学実習Ⅱ 電子工学Ⅰ 生体計測装置学Ⅰ
物性工学 システム工学Ⅰ 情報工学 情報工学実習Ⅰ
情報工学実習Ⅱ 情報工学実習Ⅲ 情報工学実習Ⅳ

専門分野 医用工学Ⅰ


2年次

基礎分野 文章技法Ⅰ 文章技法Ⅱ

専門基礎分野 臨床生化学Ⅱ 臨床免疫学概論 臨床薬理学概論
病理学概論 電子工学Ⅱ 電子工学実習 生体計測装置学Ⅱ
生体計測装置学実習 機械工学Ⅰ 機械工学Ⅱ 材料工学
システム工学Ⅱ

専門分野 医用工学Ⅱ 医用生体工学実習 医用工学特論Ⅰ 医用機器学Ⅰ
医用機器学Ⅱ 医用治療機器学 医用治療機器学実習
生体機能代行技術学(専門用語) 生体機能代行装置学(呼吸)
生体機能代行装置学(循環)Ⅰ 生体機能代行装置学(循環)Ⅱ
生体機能代行装置学(代謝)Ⅰ 生体機能代行装置学(代謝)Ⅱ
医用機器安全管理学Ⅰ 医用機器安全管理学Ⅱ
医用機器安全管理学Ⅲ 医用機器安全管理学実習
関連臨床医学Ⅰ 関連臨床医学Ⅱ 関連臨床医学Ⅲ


3年次

専門基礎分野 放射線工学概論

専門分野 医用工学特論Ⅱ 医用機器学特論 生体機能代行装置学(麻酔)
生体機能代行装置学実習 生体機能代行装置学特論 関係法規
関連臨床医学Ⅳ 関連臨床医学特論 卒業研究 臨床実習

学科紹介

  • 介護福祉士科
  • 歯科衛生士科
  • 臨床検査技師科
  • 臨床工学技士科
  • 理学療法士科
  • 作業療法士科
  • 言語聴覚士科
  • 資料請求
  • 入試制度・学費

TOP